その物品を購入額の2割もしく

雑誌の広告、スポーツ新聞、電信柱に見られる広告やDMで、「債務の効率化いたします」「多重債務を統合したいと思ったら」などのアピールを見かけることが多いです。仕事 辞めたい アフィリエイト

それらは、「整理屋」「買取人」「紹介業者」という名の会社の宣伝の場合があったりします。

こういったものを頼んだケースでは自己破産申請手順の中で最重要な免責決定を受け取れない危険が存在します。

「片付け屋」はビラなどで借金のある人を呼び出しすさまじい依頼料を受け取って債務整理をやりますが実際のところ債務整頓は行われないまま、借金者はもっと借金地獄にはまってしまうことがほぼすべてになります。

「買取業者」では依頼者のカードで電化用品、何らかのチケットなどを大量に注文させて、その物品を購入額の2割もしくは額面半額で引き取るという手法が知られています。

当人は一時的には金銭が得られますがいつかクレジット企業経由の購入物の定価の支払いがきて、本当は債務額をアップさせる結末で終わります。

この際はクレジットカード業者への犯罪とされて免責許可を受けられなくなります。

「つなぎ屋」は、著名なサラ金から貸してもらえなくなった負債者に関して、直接的な資金提供は一切せずに、融通をしてくれる店を呼び出し、高額な紹介料を要求する悪徳業者です。

紹介業者は直接の手引きで融通可能になったという口調で話しますが、特に何もせず選考の甘めの会社を分かっているということなのです。

この場合でも本当は債務を重ねる結果となります。

Link

Copyright © 1996 www.senjyu-net.com All Rights Reserved.