www.senjyu-net.com

想像できずにいきなり出あってしまうのが車の事故です。ここで何をどうやって判断したかが要因となり保険金の額も全く変わることもあるので正確な判断と対応が大事です。予期せぬハプニングにあって慌ててしまったとしたら重大な場面を忘れてしまい、その先とても大きな損をする状況も考えられるので車の事故を起こしてしまった状況では落ち着いて次に述べる行動を行います。車の事故をしてしまった場合に第一にすべきなのは怪我をした人がいるかどうかの確認です。事故のすぐ後は気が動転するあまりぼうぜん自失となってしまう場面がありなかなか動くことができないのが現実です。なので、怪我をした人がいた場合には危険ではないところへ移して応急な手当を施し周りに助けを呼ぶ等救助最優先に努める必要があります。119番通報する場合には正しい現場を伝えて、不確かな場所では周囲の分かり易いデパートや番地名を連絡して事故の位置を特定できるようにします。2番目に警察に電話して自動車事故が発生したこと、そして簡単に状況を伝えます。救急車とパトカーを待つ間に相手の身元をチェックします。氏名、住所、連絡先、免許事故の相手の保険会社名のような相手だけでなく自分の情報を言います。その時に相手に非があった場合そこで解決しようとするケースが考えれますがその場所で結論を出すのではなく、どの状態でも警察署や自動車保険会社に連絡して、ちゃんと調査してもらう事が必要です。関係者の情報を交換したら他者の障害にならないように邪魔な物を道路からどかします。万が一被害が通りかかった人の車の妨げとなっている時は各々の情報交換をするより早くこの対応をしても構いません。自分自身の加盟している車の保険会社に電話をして、車の事故が起こった事を知らせます。車での事故から特定期間内に保険屋さんに知らせておかないと自動車での事故の保険の適用外に事態もあるのでできるだけすぐに行動することが重要です。可能であれば事故の現場の証拠になるようにカメラやスマホで事故の現場や車の破損箇所の写真を写します。それは過失がどのくらいあるのか決める時にとても大きなデータとなるので、己の愛車や先方の車の壊れた箇所を全部証拠写真として残しておくことが大事です。その際に近くに人がいたら警官や保険屋さん辿り着くまで事故の現場にそのままいて頂けるようにお願いするのも重要です。

Link

Copyright © 1996 www.senjyu-net.com All Rights Reserved.