www.senjyu-net.com

ここ数年、大体どの自動車保険会社も値段釣り上げに転じています。値段のつり上げをするなどということが起こるとじかに私たちの家計に大きな衝撃を与えるのです。さて、一体どうして自動車損害保険が値上げという事態に見舞われているのでしょうか?主な理由として考えられることには概して2項目あるので、ご紹介します。まず最初に高齢者の自動車運転者がどんどん増加傾向にあることが挙げられます。マイカーを所持するのが当たり前の世の中になった故、老年期の自動車ドライバーも増加しているのです。その上日本全体の傾向として高齢化社会といったこともあるせいで加速度的に高齢者の自動車所有者が多数派になっていく時勢です。高齢の場合、基本的に保険料金が手ごろに販売されているゆえ自動車保険会社にとっては、たいして積極的にしかけていく理由が存在しないのです。当たり前ですが、保険の掛け金が低額なのに事故を起こされた場合コストに見合わないお金を被保険者に支払わなければいけないからです。こういったケースでは、損を取る可能性がとても高いので、会社の立場から考えれば保険の料金を高くするという手段に及ぶしかありません。さて、2番目の理由として考えられる事は、若い世代の車への興味のなさにこそ求められます。高齢の自動車運転者は増えつつありますがそれとは反対に若い世代は自動車に乗らなくなってきました。そのような背景にあるのは公共のインフラの発展とお金に関わる問題です。収入に不安のない職場にありつくことができない若い年代が多数であることから、クルマを手に入れることが難しい人も珍しくありません。また、以前ならば、自動車を所有していることが正業に就く人のステータスと思われていましたがステータスだとは言明しづらくなってきたようです。ですから保険料金がお年寄りに比して高額な若い年代の保険申込者が減少しているのだと思われます。こういった様々なことが理由となって自動車保険会社も料金値上げに踏み切らざるを得ないのだと言えるでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.senjyu-net.com All Rights Reserved.