www.senjyu-net.com

車での事故は自分だけの事故と別の人が関与した車の事故が存在します。自分自身だけの事故のケースでは、事故の対応をしてしまえば終わりますが別の人を巻き込んだ自動車の事故はどちらにどの割合で誤りが存在するのかをチェックしてこれにより自動車の修理のお金や示談金の額がいくらになるのかなどが決定されますので保険会社の専門家と一緒の協議が欠かすことが出来ません。多くの車での事故の際、自分だけでなく相手にもちょっとは間違いがある場面が大部分でどちらか一方だけの責任であるという時は少ないようです。当然ながら赤信号無視や一時停止無視など違反による事故なら多大な手落ちになりますが被害者にも不注意があると指摘されます。自動車での事故の状況では誰のミスが原因で起きたのかという決着が非常に焦点になってくるのでその判断を数字で示したのが過失割合と呼ばれるものです。例として、前述した信号無視や一時停止でもそのまま進んだケースならば法律上事故を起こした人に全部の手落ちがあるように考えますが、もしもその車が前の方から来て正面を見て確認されたケースだとすると被害者側も注意不足として1割りぐらいの間違いが指摘される場合もあります。つまりこの条件では事故を起こした方が9割自分1割の過失割合となり数字が大きいとそれだけの落ち度が問われます。もっといえば車での事故の過失の割合昔の事故判例をものさしとして決定される場合が多く、日弁連交通事故相談センターから公表されている基準となる表等が元として利用されています。この過失割合の、数値が高ければ高いほど責任、要するに賠償しなければいけない額も大きくなりますから、事故後の話し合いは本人達だけでなく自動車保険の担当に加わってもらって慌てずに話すことが重要です。

Link

Copyright © 1996 www.senjyu-net.com All Rights Reserved.