www.senjyu-net.com

交通事故に遭った時自分が交通事故の被害者のケースでも、相手がミスを全く受け入れない場面は数多くあります。一例として、しようとして起こってしまったのではなく注意散漫で乗っていた車を追突された場面などに、こういった水掛け論につながってしまう状況があるのです。だからと言ってその場で車のみの「物損」処理されて、数ヵ月後に異常が現れた際に、証拠となる診断書警察署に提出するということは対処が遅れる感じはしょうがなくなってしまいます。それでは、車での事故の過失割合の決定にはどういう認定基準が設けられているのでしょうか?厳密に説明しますと警察署が結論付けるのは主に交通事故の責任が考えられるのはどちらの車かということであり、どちらに何割過失があるのかというわけではありません。さらに言えば、最終的に明確にされた事故責任者が警察から明確にされる事はケースはありません。そんな訳で、どちらに何割過失があるのかは当事者の話し合いの結果に応じて決定されその結果が自動車事故の賠償のベースとなる訳です。両者共に任意の保険に加入していない場合には両者が真正面から相談を余儀なくされます。しかしながら、当たり前ですがそのやり方では、理性的でないやり取りになるケースが存在します。それに加えて、互いの意見に相違があれば悪くすると、裁判所に進みますが、年月と費用の甚大なマイナスです。そこで概ねお互いの当人に付随する保険の会社、こういったそれぞれの保険会社に調整を委ねる策を用い、適切な「過失割合」を冷静に決めさせます。そういった場合、保険の会社は過去の車での事故の事例の結果から導き出された認められた基準、判断例等をベースに推計と相談によって過失の割合を算定します。と言っても事故の際には遭ったのか起こしたのかによらずまず警察を呼ぶのがルールです。その上で、自動車保険会社に連絡を取りこの先の調整をお願いするのが順番となります。手続きさえ分かっていれば両方の建設的でないやり取りとなる状態を回避できるに違いないのです。

Link

Copyright © 1996 www.senjyu-net.com All Rights Reserved.